送金にかかる手数料と問題点

一番厄介なのがこの入出金にかかる手数料です。

海外への送金には、

  1. 円を外貨に両替する
  2. 外貨を送金する

 

という2つの手順を最低でも踏む必要があります。

SponcerdLink

 

 

・金融機関からの海外送金(電信送金)

まずは金融機関からの海外送金です。両替手数料を見てみましょう。あまりおすすめする方法ではありませんので、ざっと目を通す程度で構いません。

ゆうちょ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 シティバンク銀行
米ドル 1円 1円 1円 1円 1円
ユーロ 1円50銭 1円50銭 1円40銭 1円50銭 1円
ポンド 4円 4円 4円 4円 1円
豪ドル 2円 2円 2円50銭 2円50銭 1円
ニュージーランドドル 2円 2円 2円55銭 2円55銭 1円
スイス・フラン 90銭 90銭 90銭 90銭 1円

*1ドルの両替あたり

次に外貨を送金する手数料です。

ゆうちょ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 シティバンク
米ドル 2,500円 3,500円 4,000円 5,500円 3,500円(2,000円)

 *シティバンク銀行には残高が100万円以上ある場合に、送金手数料が2,000円になるという割引があります。

 実際には日本の証券会社(セントラル短資FXマネーパートナーズなど)を利用して両替を行いシティバンクへ送金⇒シティバンクから海外送金という方法が最も最安なので、既に証券口座及びシティバンク銀行の口座を持っている人にはこちらを利用してもらったほうがお得です。まだ何も開設していない、これからという方には正直手間が掛かり過ぎます。早くても2週間は開設手続きにかかると思われます。また、そこから海外送金と着金確認と時間を有するので、こちらの手段は追々でも構わないと思います。

上記の比較からすると、ゆうちょ銀行を利用して送金するのが一番安い方法となっています。

 

一応、国内証券口座を利用して両替をするメリットが、海外FXを始める理由以外にもありますので、それは別ページでご紹介したいと思います。

事前に注意が必要なのが、列挙した金融機関では問題ないのですが、その他の各銀行によっては国外への送金及び国外からの入金を行っていない銀行があります。ネットバンクでもジャパンネット銀行は海外送金及び入金を行っておりません。おおまかにですが、地方銀行や信金では行っていないものと考えてよいかと思います。

 

・クレジットカード

クレジットカードでの入金であれば、国内のFX業者同様に即時入金が可能で手数料も0円(海外通貨での場合は為替差損が発生します)で済みます。国内では取り扱いのない入金方法ですので不安になることと思いますが、各海外のFX業者は金融業ですので、厳格な個人情報の取り扱いをしています。安心できる海外FX業者であれば、入金のハードルはかなり低くなると思います。注意が必要なのが、クレジットカードで入金した場合は、出金時には必ずクレジットカード入金分がキャンセルとしてクレジットカードに返金されるという仕組みです。よく分かりませんよね。具体的にはこうです。

 

クレジットカードで10万円入金

海外FXでの利益20万円を出金依頼

クレジットカード会社へ10万円(入金分)の取消処理

残額10万円は指定口座へ電信送金

こちらを理解していいない方が利用者にも多いので、出金ができない!と話題になることがあります。ほとんどの海外FX業者が、クレジットからの入金を行った利用者への出金処理にこの方法をとりますので、忘れないように覚えておいてください。

・決済代行会社(NETELLER PAYPALなど)


NetellerやPAYPAL、MoneyBookersなどの決済代行会社を利用した入金方法も海外のFX業者では多いです。たとえば、PAYPALでは、クレジットカードでPAYPALに一時的に入金してから、その後、各海外FX業者に入金するという形になります。

特にPAYPALは数多くの海外FX業者で既に多くの実績のある決済代行会社です。ですので、一度入金の方法を覚えてしまえば、他のFX業者でも利用することができます。この決済代行会社を使用するメリットの1つとして、PAYPALは、ネットショッピングでの決済にも使用されています。ですので、PAYPALの口座残高からネットショッピングなどの支払いを行うこともできます。また、出金の際にも入金した決済代行会社の口座へ出金できるので便利です。

管理人のおすすめは、このNetellerとPaypalになります。Netellerが一番おすすめなのですが、開設手続きが少し面倒なので、別ページにて開設手続きの手順をご紹介します。

 

 

主にこの3つの方法がありますが、中でもおすすめはNetellerとPaypalです。両方共が開設・登録処理を済ませておくと、後々に便利になることが多いのでこの際にお手続きされることをおすすめします。

お得な口座開設

海外FX業者を利用するデメリット
公開日:
最終更新日:2014/03/09

お得な口座開設

  • XM(旧XEmarkets)

    おすすめキャッシュバックサイト

    キャッシュバックサイトの老舗

PAGE TOP ↑