建玉と決済

 

建玉とは現在自分が保有しているポジションのことを言います。

 

ドル円を例に例えると、

 

・ 1ドル100円で、これから上がると思って”買い”で入れば「買い建玉

・ 1ドル105円になり、これから下がると思って売りで入れば「売り建玉

 

となります。

SponcerdLink

 

決済というのは、自分が持っている建玉(ポジション)を利益確定あるいは損切りを行うことを決済(ポジションを閉じる:約定)といいます。

 

*約定

「約定」は決済とは少しばかり意味合いが違います。特に気にする必要はありませんが、例えば株式の場合は、自分が持っている株価が取得時より値上がればその差額が利益となります。このとき、株式を売る相手は取引を扱う業者ではありません。同じように株式取引をしている方々に自身の株を売ることになります。つまり、いくら利益が出た株といっても、買う相手がいなければ売ることはできませんので、この時点での利益は未確定なのです。売る相手が現れて初めて利益が確定しますので、この売買が成立したときを「約定」というのです。ちなみに利益確定のことを「リカク(利確)」などど言います。

お得な口座開設

FX用語集
公開日:
最終更新日:2014/03/09

お得な口座開設

  • XM(旧XEmarkets)

    おすすめキャッシュバックサイト

    キャッシュバックサイトの老舗

PAGE TOP ↑