ロスカットとは?

FX(外国為替証拠金取引)は元本保証の商品ではありません。

FXの特色であるレバレッジをかけた状態では、急激に相場が変動した場合、大きな損失を被ることになります。
その損失をなるべく抑えるためのしくみが自動ロスカット(強制ロスカット)です。

自動ロスカットは、証拠金の20〜30%(取引業者によって異なる)になると、ポジションの一部やすべてを決済してしまうルールになっています。
ロスカットは強制的におこなわれるものや、警告の連絡やメールを送る会社などがあります。

SponcerdLink

たとえば
証拠金が10万円で、1ドル=115円のとき1万ドルを買うと
115円×10,000ドル=1,150,000円

これが1ドル=107円になると

107円×10,000ドル=1,070,000円

証拠金10万円に対して8万円の評価損となり、自動ロスカットが行われます。
(自動ロスカットが20% の場合)

一度も行われて欲しくないルールですが、証拠金以上の損失にならないリスク管理といえるでしょう。

ロスカットを防ぐには、レバレッジを低く抑えることで対応できます。

上記の場合、証拠金を40万円で115円を10,000ドルを買うとすれば、
ロスカットは83円となりますね。

ゼロカットシステムの前に適用されます。ゼロカットシステムとは異なりますが、強制ロスカットは国内・国外問わずほぼすべての業者で適用されています。

お得な口座開設

FX用語集
公開日:
最終更新日:2014/03/09

お得な口座開設

  • XM(旧XEmarkets)

    おすすめキャッシュバックサイト

    キャッシュバックサイトの老舗

PAGE TOP ↑